激しい昨今のビジネス環境において、カスタマーエクスペリエンス(CX)は多くの企業にとって非常に有効な差別化ツールになります。うまく活用すれば、競合他社よりも先手を打った施策を実行し、顧客満足度を高める機会が増えます。ウォーターマーク・コンサルティング社のROI調査によれば、CXのリーダー企業の総収益率は2007年から2014年の7年間で上昇し、107.5%となっています。これは市場全体の指数を表すS&P500より約35%高く、CXのフォロワー企業より約80%高い値です。

Read More >